インプラントについて簡単な説明

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。
また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

This entry was posted in いろいろな事2. Bookmark the permalink.

Comments are closed.